« いつものように | トップページ | 夏真っ盛り »

2017年7月28日 (金)

無宗教の葬儀を考える

あらゆる宗旨のお葬式をお手伝いさせていただく中で、仏式、神道、キリスト教、その中にも

色々なご宗派があります。

当然ですが、トワは全宗派に対応させていただいております。

しかし、その中でも一番気を付けなくてはいけない葬儀が、無宗教の葬儀です。

無宗教というのは簡単そうですが、実は一番奥が深い葬儀だと私達は考えています。

そして、後に一番トラブルになりやすい葬儀です。

仏式だとご住職様がお勤めをされ、神式だと宮司様、キリスト教だと牧師様が式を進行されます。

たとえ参列者の方が違うご宗旨を信仰されていても、その儀式に異議を唱えられる方は

おられません!

日本には信教の自由があるからです。

しかし、無宗教と言うのは儀式を仕切る方が入場される事はありません!

ほんの近親者、ご家族だけならば良いのですが、ご親戚や一般の参列者の方がお参りされる場合は

相当な違和感を感じられる事が多いのです。

例えば、音楽をかけて送る、献花をしていただく、色々ありますが、後にご親戚の方から

「何であんな葬儀にしたのか?」と言われる事は少なくありません!

後々の事までしっかりとアドバイスをさせていただきながら、納得のいくお別れのお手伝いこそが

私達の使命だと考えています。

私達は本を読んで学習した事よりも、何千という方をお送りさせていただいた実際の経験を基に

助言をさせていただいています。

決して後悔しないように・・・・・・

感謝。

« いつものように | トップページ | 夏真っ盛り »

コメント

お世話になっております。瑞相寺の住職です。いつもトワさんが使命感を持って誠実に勤められるお姿を拝見しており、本当に頭が下がります。ブログも大変勉強になります。ありがとうございます!

トワです。先生、コメントありがとうございます。こちらこそいつもお世話になっています。
先生は私達のお手本です。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926568/71254467

この記事へのトラックバック一覧です: 無宗教の葬儀を考える:

« いつものように | トップページ | 夏真っ盛り »